HOME » 腰痛治療最前線【病院・整体院編】

腰痛治療最前線【病院・整体院編】

突然の痛み、慢性的な痛み…必要なのは正しい知識です。ここでは、悩めるあなたのために、腰痛の時の対処法を紹介しています。

腰が痛い!?迷った時に必要な知識

腰が痛い!いつもと違う!そんな感じがあった時、あなたならどうしますか?

「とりあえずシップでも貼って様子を見てみよう」「マッサージしてみるかな」「手持ちのコルセットで固定しておこう」…そんな人が多いのではないでしょうか。

腰痛は比較的軽く考えられがちな症状のひとつです。それは痛みを感じてもとりあえず歩ける、立てる、動けるといったことで「大したことはない」という妙な自信を持っている人が多いからでしょう。

でも良く考えてみてください。悲鳴を上げている腰を休める時間を、1日の中でどれくらい取ることができますか?それに気付かず悪化しているのについ無理をしてしまう人はとても多いはずです。あるいは実際には、無理と感じていないのかもしれませんね。

腰痛のとき、まず迷うのはいつ病院に行くかということでしょう。これくらいでわざわざ行かなくても…という油断が、悪化を招いてしまうこともあります。痛みは自分にしかわからないものです。そこで、腰痛を感じた時にまず1番目に知っておきたいのが「受診のタイミング」です。

そして次に「どこを受診すればいいのか」ということ。大抵の人は病院に行くべきか整骨院や整体院に行くべきかを迷うでしょう。どうしても病院というと身構えてしまうものですが、本当にそれでいいのでしょうか。

腰痛は正しい診断と初期治療がとても大切です。それに、一度そこを受診するとなかなか他に変えることはしないものです。ということは最初の選択肢がとても重要ということになります。

受診後の流れを知っておこう 

腰痛で病院を受診した場合には、細かな検査をして診断をすることがほとんどです。そしてその診断を基に、治療の方針を決めていきます。

そこで、病院を受診した際にはどんな流れで検査や診断が行われるのか、またどんな治療を受けるのかを知っておきましょう。治療の流れや目的を把握しておくことで、自分の腰痛に対する心構えや日常生活への注意などを理解しやすくなります。

ここでは基本的な病院受診後の流れについて解説していきたいと思います。