HOME » 腰痛治療最前線【病院・整体院編】 » 病院での治療内容:ブロック療法

病院での治療内容:ブロック療法

腰の痛みに悩まされている人は、日常生活の中で色々な制限が生まれてしまいます。 

急な動きができない、椅子に長時間座れない、常時ズンとする痛みが続いて物事に集中できない・・・様々な症状と痛みに苦しむ人は多いです。

中には、色々な対症療法を繰り返し試している人もいるのではないでしょうか。整体、整骨院でケアを行い、電気治療や病院でもらう内服薬で対応、それでも腰痛の痛みというのはなかなか改善しない場合があります。

そんな時に、整形外科やペインクリニックで行われている「ブロック注射(ブロック療法)」が気になっている方も多いと思います。

しかし、「ブロック注射」というものは馴染みが少なく、どんな治療なのかわからないという方も多いかもしれません。

今回はその腰痛治療に対する「ブロック注射」についてご紹介していきたいと思います。

ブロック注射ってどんな治療?

クマのぬいぐるみと注射

ブロック注射は、注射を行うことで腰の痛みを取り除く治療のことを言います。

痛みは、神経を伝って脳が痛みというものを認識して、初めて人は「痛い」と感じます。なので、痛みを伝道させている神経伝道路と呼ばれる部分に、手術などのでも使われる麻酔薬を注射で注入することで、痛みの伝達を止めてしまうのが「ブロック注射」と呼ばれるものです。

ですから、痛みそのものの原因を取るための治療では無いというところを理解しておかなければなりません。

ブロック注射を行うことで、血流が良くなり、筋緊張を緩める効果もあります。通常は局所麻酔薬には薬効時間と言われる、痛みを取り除く時間が限られていますが、ブロック注射を行うとその作用時間よりも長く痛みが取り除かれることが多くあります。

どんな病院でやっている?

大きく分けると今は「整形外科」と「ペインクリニック」という標榜されている病院で行われていることが多いです。

腰痛の多くの場合、整形外科を受診すると思います。治療や検査の流れもありますので、整形外科で行うのが都合がいいこともあります。

ペインクリニックの場合は整形外科が併設で行なっている場合もありますし、麻酔科で単独で行われていることもあります。

一般的にブロック注射は、麻酔の一種なので「麻酔科」が行うことが専門的と言えますが、熟練した医師のいる整形外科の領域でもされているところは多いです。

どちらで行うのがいいのかという結論はないので、腰痛で受診されている病院との相談から始める人が多いです。

ブロック注射はどうやって行われるの?

腰の硬膜外ブロック注射を行う場合は、脊髄を包んでいる外側の膜のさらに外側に針を入れてから注射を行います。

硬膜外ブロックは「痛い」というイメージを持たれている方も多いですが、近年は針の切れが良くなり、細い針が使用されることも多く、比較的痛みが少なく行うことができます。腰椎に行う場合は、横に丸まって寝た状態で行います。腰椎の場合は皮膚への注射もあるので、痛みが少ないです。

仙骨ブロックという臀部に近い場所から行われるブロックは、注射をするところまでの距離が短いので、皮膚への麻酔をせずに行われる場合もあります。

痛みは少ないものの、個人差があるため痛みが0ということではありません。実際の細い方法については、受診される病院に確認することをお勧めします。

ブロック注射のメリット・デメリット

ブロック注射を行う時のメリットとデメリット治療を行う上で重要な部分ですので、ご紹介しておきます。

(1)メリット

まずは患部に直接薬を注射するので効果が大きいです。痛みの緩和については個人差がありますが、鎮痛効果の高さはメリットになります。

個人差はもちろんありますが、色々な内服薬やケアを行ってきて、あまり症状が改善しなかった人でも「痛みがなくなった」「かなり軽くなった」と症状の改善に効果があったという人も少なくありません。

(2)デメリット

まず、ブロック注射は根本的な治療ではないので一般的に1~3週間程度しか効果は継続しません。こちらも個人差があって、全く効かない人もいれば、痛みが消失して一時的に痛みが治る場合もあります。

しかし、痛みを薬で取り除いているだけなので、再発を繰り返す人も多いです。

その度に通院することになりますので、効果と効果持続期間は人によってデメリットになりえます。

それから、少量とはいえ体の中に薬を注入するために、副作用が全く起こらないということはありません。確率は低いですが、何らかのアレルギーや体に合わないような症状が出てくることもあります。

注射と薬

腰痛へのブロック注射についてのまとめ

痛みというものは時に耐えがたいものがあります。特に腰痛というのは、日常生活を送る上で非常に辛いことも多いです。

色々な方法を試したけど、痛みが緩和されない。むしろ酷くなっていくという方は「ブロック注射」を検討してみてはいかがでしょうか。

しかし、ブロック注射も万能ではありません。その効果やメリット、デメリットをしっかりと理解した上で、医療施設と相談して行われることをおすすめします。