HOME » 腰痛治療最前線【病院・整体院編】 » 病院での治療内容 保存療法編

病院での治療内容 保存療法編

理学療法ができないほど、状態が悪化した、または重度の病状にある腰痛は、保存療法で治療することがあります。保存療法の方法について解説していきましょう。

負担の大きい手術を回避する保存療法という選択

うなずく腰痛教授保存療法はその名の通り、現状を保存したまま治療を行うことをいいます。椎間板ヘルニアなどの重度の腰痛原因の場合、手術が必要になることがありますが、手術は患者さんへの負担も大きいため、最後の手段ともいえる治療法です。

そこで保存療法の出番です。外科的な手術はせず、負担の少ない方法を用いて症状を和らげることを目的とするのが保存療法です。保存療法の中には、

【急性の腰痛に効果のある方法】

  • 安静療法
  • 装具療法
  • 薬物療法
  • ブロック注射

【慢性の腰痛に効果のある方法】

  • 理学療法

があります。ここでは急性の腰痛に効果のある安静療法、装具療法、薬物療法、ブロック注射について解説しましょう。

●安静療法
最も一般的に使われる方法で、急に痛み始め動けなくなるぎっくり腰や椎間板ヘルニアなどの病気では、まず横になり安静にしておくことが大切です。できるだけ腰に負担をかけない楽な体制で、腰へのストレスを最小限にします。必要に応じて冷やすなどの処置も併用するといいでしょう。

●装具療法
装具とは、コルセットなどのことを言います。急性の腰痛では筋肉が強い炎症を起こしている状態です。痛みが強く立つこともできません。コルセットを装着することで筋肉の負担を軽減し姿勢を保つことが楽になります。

●薬物療法
痛みや炎症を抑えるために薬を使います。冷シップや温シップなどの外用薬のほか、抗炎症剤や鎮痛剤などのほか、筋肉の緊張をとるための筋弛緩剤、血行を促進するビタミン剤などが処方されます。

●ブロック注射
圧迫や何らかの障害で刺激されて痛みが出ている神経の働きや感覚を鈍らせて症状を抑えるための注射をする方法です。局所麻酔薬や抗炎症剤・ステロイド剤などを、症状や個人の状態に合わせて打つ場所も選択しながら使います。

保存療法の効果と注意点

納得する腰痛教授先ほども述べたように、保存療法は、ぎっくり腰や椎間板ヘルニアのような急に痛みが出て動けないといった腰痛に効果がある治療法です。

椎間板ヘルニアで病状が重い場合には、手術によって神経を刺激している部分を取り除くこともありますが、ぎっくり腰では手術をすることはあまりないようです。ただ、ぎっくり腰と別な病気が合わせて腰痛の原因となっていることもありますので、慎重な検査と診断が必要です。

このような急性期にある腰痛に対しての保存療法は、症状を落ち着かせたり日常生活への早期復帰に効果があります。特にぎっくり腰の場合は、安静にしていれば数日でかなり回復することができるようです。

もちろん薬物療法や装具などを使うと早く通常の生活に戻れますが、こうした器具を使用することには注意点があります。例えば装具を使うと腰は非常に楽になり、立つことやデスクワークがそれほど苦ではなくなります。しかし長く使用するにつれて腰の筋肉は衰えてしまうのです。また、コルセットをしなければ不安になる、という人もいるほど依存度が高くなっていくため、使用の際には痛みの強いときやどうしても仕事などで必要な時にとどめるよう心掛けたいものです。

また、薬物療法もあまり長期間飲み続けると、薬によっては胃が荒れてしまったり効果が出にくくなることもあります。ですから、適量を適切な期間だけ飲むようにしましょう。そして何よりも大切なことは、いくら保存療法によって症状が改善したとしても、日常生活を改善しなければ再び同じことを繰り返すということを忘れてはいけません。例えば、

  • 日ごろから腰に負担をかけない姿勢や動作を心がける
  • 腹式呼吸を心がける
  • ストレスをためない、発散する

といったことに気を付けて、腰痛を予防するようにしましょう。

>>>日常的な腰痛対策にぴったりな、おすすめセルフケアをチェック!