HOME » 腰痛治療最前線【病院・整体院編】 » 鍼灸・整体・整形外科?どこに行けばいい?

鍼灸・整体・整形外科?どこに行けばいい?

治療方法が選べる腰痛だからこそ、悩んでしまうところ。そんな人のために、どこに行けばいいのかをまとめてみました。

いざという時どこに行けばいい?腰痛対処法

腰マッサージのイメージ画像腰が痛いとき、まずどこに行こうと考えますか?おそらくかなりの割合の人が整体整骨院などに行こうと考えるのではないでしょうか。整形外科となると少々敷居が高いような気もしますし、腰痛くらいで病院に行くのはちょっと…という人って意外に多いものです。

それにしても腰痛というだけでいろんなジャンルの治療がありますよね。簡単に分類してみると、以下のように分けられます。

  • 整形外科・麻酔科
    レントゲン検査やMRIなどの医学的な検査を基に内科的にアプローチして障害の部位を見つけ治療を行います。治療は理学療法や温熱療法、投薬療法などが一般的です。
  • 整体
    腰痛の原因となりうる体の歪みやずれなどを整えてくれます。主に手や足、器具を使って筋肉を伸ばしたり緊張をほぐします。整体師は民間資格です。
  • 接骨院
    国家資格である柔道整復師が捻挫や脱臼、肉離れなどの急性の障害に施術を行って痛みを軽減します。手足や器具を使う施術でかなり昔から行われていました。
  • カイロプラクティック
    脊椎の歪みを矯正して体のバランスを整えることで、症状の改善を目指します。
  • 鍼灸
    鍼灸師という国家資格保持者が、東洋医学のハリや灸を使ってツボを刺激し筋肉をほぐし血行を良くします。筋肉の痛みや緊張などからくる痛みに効果的です。
  • 按摩・指圧
    あん摩マッサージ指圧師の国家資格保持者が行う施術です。筋肉をほぐしツボを押して刺激し、血行やリンパ行をよくすることで関節の動きを柔軟にします。自律神経が活発に働くようになり、自然治癒力をアップします。
  • エステや癒し系のサロン・クイックマッサージ
    癒しとリラックス効果があります。

どれも目的は腰痛を軽減することにありますが、大きな違いはどのように腰痛にアプローチするか。つまりどんな方法を使って腰痛に対する施術を行うかにあるのです。

どこに行けばいいのか判断する方法

腰痛に対して施術してくれるところはいろいろあることはわかりましたが、では実際にどこに行けばいいのかを判断するにはどうすればいいのでしょう。

私たちは自分の体のことではありながら、それを適切に扱う相手の選び方を知りません。ガソリンスタンドに行って自分の車に給油するのに、ハイオクかレギュラーかディーゼルかわからないようなものですね。

そこで、症状に合わせた受診先の選び方を紹介しましょう。あくまでも一般的な基準ですが、これを知っておけば少なくとも治療が手遅れになるということはないでしょう。

整形外科などの場合

  • 足の痺れや感覚障害がある
  • 排泄障害(尿や便の出が悪い、出しづらいなど)
  • 熱がある
  • くしゃみや咳で酷く痛む
  • 少し歩くだけで立っていられないほど痛む

接骨院

  • 腰以外は症状がない
  • 急に酷く痛み始めた
  • 立ち上がる、起き上がるなどのときに痛む
  • 横になっても痛い

鍼灸・指圧、整体、カイロプラクティック

  • 腰以外にも症状がある
  • 朝起きた時に痛み動き始めると治まる
  • 長時間立っていられない
  • 全身が重く疲れが取れない

ただし、これらはあくまでも一部であり、一般的な症状の目安としてください。

整形外科以外の民間機関の効果は

整形外科や麻酔科は、専門的医療機関で国が認可した施設で、整体やカイロプラクティック、マッサージや鍼灸などは、民間療法または代替療法といわれています。

これらの民間療法や代替療法で行う施術は、場合によっては改善が期待できるが医療機関より効果が高いとは言えないとされているのです。これは、腰痛に関して科学的な根拠をもとに作られた「腰痛診療ガイドライン」でも述べられています。

民間療法では、主に手足を使った治療が行われます。これは筋肉のこりをほぐし、ツボの刺激で血液の循環を促して痛みをやわらげることを目的としていて、筋肉の疲労からくる痛みに効果があるとされています。

急性腰痛については、発症からそれほど日にちの経っていないケースに効果的とされています。また、マッサージ効果による精神的ストレスの解消にも効果が期待できるそうです。

ただし、骨や椎間板などの器質的な変化が原因の腰痛や慢性化した腰痛には、あまり効果はありません。

医学的治療とは違い、科学的根拠がない治療法であるため「ある程度」という前置きがされますが、中には痛みがなくなったというケースもあります。それらを検証してみると、次のようなことが理由としてあげられるでしょう。

  • ストレス解消による効果
    心因性腰痛などが改善した
  • プラセボ(偽薬)効果
    気の持ちようといわれるように効果の薄いものでも効くと思って使えば効果が出ることがあるという医療の世界では良く知られる効果。
  • 自然治癒のタイミングと合致した
    施術を受けている間に自然に治った
  • 本当に効果がある、かもしれない
    まだ解明されていない何らかの根拠があり効果が表れた?

こういったことから総合的に判断すると、やはり腰痛のときはとりあえず整形外科を受診するのが良いでしょう。

なぜなら、医学的な検査によってしかわかりえない病気や障害が原因かもしれないからです。はじめから見切り発車するのではなく、きちんと安全確認をしてから発車するのが基本と言えます。

>>>効果的なセルフケア方法はこちら