HOME » あなたの腰痛の原因は?種類別傾向と対策

あなたの腰痛の原因は?種類別傾向と対策

知られざる腰痛の種類やその原因について調べてみました。

単純ではない腰痛の原因と種類

腰痛の痛みのイメージ日本の腰痛人口は大変多く、幅広い年代の人がその経験を持っています。最近は子供でも腰痛を抱えている場合も増えており、また中高年ではむしろ腰痛がない人を探すのが難しいのではないかと思うほどです。

腰の筋肉が弱く、働き者な日本人は、腰痛になりやすい国民だと言われています。悪化した腰痛は日常生活に大きく影響し、毎日不自由な生活を余儀なくされることになるのです。

腰痛のパターンをみてみると、長時間同じ姿勢や同じ動作をして痛むケースや、突然前触れもなく痛み始めるケースなどさまざま。また、ずきずきとした痛みや、普段はそれほどでもありませんが動かすと痛む、あるいは特定の姿勢をすると痛むなど、感じる痛みもさまざまですね。

しかし、実際には腰痛にはもっと具体的な原因があります。それは体のどの部分に障害が起こるかによっても異なっているのです。障害が起こっている部位やその理由によって、痛みが発生する根本的な要因が違います。つまり、当然のことながら、それに合う対策法も違ってくるわけです。腰痛を引き起こす元となっている部分はどこにあるのか、それを正しく見極めることが大切と言えるでしょう。

知っておきたい種類別腰痛の実際

腰痛の痛みの原因は主に5つの種類に分けられます。

  • 骨や筋肉の障害による痛み
  • 神経の障害による痛み
  • 精神的ストレスによる痛み
  • 内臓の障害による痛み
  • 原因が特定できない痛み

このような原因から痛みが起こる仕組みは、それぞれに異なっています。また障害が起こるきっかけとなる要因も違いますので、それに対する対処法はおのずと違ってきますね。まずこれらの原因の特徴について学び、その上で適切な対処法や、自分でもできるケア方法なども基礎知識として持っておくといいでしょう。

大切なことは、思い込みや過信をしないこと。それには腰痛を感じた時に、あなた自身が賢く行動しなければならないのです。