HOME » あなたの腰痛の原因は?種類別傾向と対策 » 神経の障害による痛み

神経の障害による痛み

外からは見えない神経の損傷や圧迫が原因で起こる腰痛について、詳しくまとめています。

本当に怖い!神経の障害による腰痛

冷え性に悩む女性のイメージ神経に何らかの障害が起こって腰痛になる場合、一般的には座骨神経痛が原因とされています。

神経痛とは、神経に刺激や損傷が加わることで痛みを感じる病気です。腰に限らず様々なところで起こりますが、特に腰の場合は、坐骨神経という神経が圧迫されて炎症が起こるケースが多いと言われています。このような神経に障害を与える病気としては、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、分離症やすべり症、変形性腰椎症、腫瘍などが挙げられます。

神経の障害による痛みは特徴的であり、チクチクピリピリといった表現が多く使用されます。ぎっくり腰や捻挫のようなズキズキとした痛みとは異なり、もっと表面的な痛みが起こるのです。神経の圧迫や障害の程度によって傷みの度合いはかなり異なりますが、擦り傷のような痛みから針で刺すような痛みまで、その程度はさまざまとなっています。

ただし、坐骨神経の根元である「馬尾神経」に圧迫などの障害が起こった場合の症状はさらに重く、両足の痺れや麻痺、歩行障害、排泄障害などが起こることがあります。

脊髄の構造

人の脊髄は脳から伸びた1本の太い神経で、体のあちこちに枝を伸ばす幹のような役割をしています。脊髄は腰までくると1本だったものから、馬尾神経とよばれる神経の束となり、そのうちの一部がお尻の辺りで再び結合して坐骨神経を形成しているのです。

坐骨神経はお尻から足までを司っており、たくさんの枝を伸ばしています。つまり、その枝のどこかに圧迫や障害が起これば、その枝が支配している部分に痺れや痛みを感じることになるのです。逆を言うと、症状のある場所から辿っていけば、障害が起こっている場所を突き止めることができます。

神経の障害による腰痛の対策

坐骨神経痛などの神経の障害が原因の腰痛対策で重要なことは、神経痛を起こしている原因となる障害を排除することです。

例えば神経を圧迫している部分がある場合は、圧迫する要因を取り除いてあげることで治まります。また、何らかの理由で神経に損傷がみられる場合は、損傷が自然に治るのを待つほかありません。時間はかかりますが、自然に治っていきますから、それまで無理をせずに安静を心がけましょう。

ただ、このような神経に由来する腰痛は、坐骨神経痛だけでなく他の要因も絡んでいることも少なくありません。例えば、筋肉疲労やストレス、冷え、飲酒などの他、長時間腰を圧迫したことで炎症が起こっているケースもあるのです。そのような場合、容易に改善しないこともありますので、専門医に検査してもらうといいでしょう。

また、軽度なうちは自分でできるセルフケアなどもありますので、試してみるといいですね。