HOME » あなたの腰痛の原因は?種類別傾向と対策 » 原因が特定できない痛み

原因が特定できない痛み

腰痛の中には、検査や症状から判別しにくい「非特異的腰痛」があります。どんな腰痛なのか、詳しく解説していきます。

原因不明?非特異的腰痛とは

原因に悩む女性のイメージ腰痛があるにもかかわらず、その原因がはっきりわからないケースがあります。

実は、こういった原因不明の腰痛は全体の85%を占めると言われていて、残りの15%がはっきり病名のつく腰痛とされているのが現状です。こう言われると、腰痛の成り立ちや要因がいかに複雑かわかりますね。こういった原因が特定できない腰痛は、非特異的腰痛と呼ばれています。

非特異的腰痛は、神経を圧迫したり損傷したりして起こる腰痛とは明らかに違う「単純に腰が痛い腰痛」と分類されるのです。そもそも腰は、体の中でも非常に負担の大きい部分。常に上体を支えてバランスを取っているためただでさえ負荷がかかりやすいのですが、筋力の低下や老化、疲労、運動不足、無理な姿勢、体重の増加など、負担となる要素がたくさんあるのです。

こういった条件は個人差も大きいため、どれが腰痛を引き起こしている元凶なのかを特定するのは大変難しいのです。また、病院で適切な検査を受けないために、腰痛を引き起こしている病気を見落としてしまうこともあります。

非特異的腰痛の原因となりうる病気

  • 消化器疾患
    慢性胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がん、胆嚢炎、胆石症、胆道結石、肝硬変、肝臓がん、大腸がんなど
  • 泌尿器疾患
    腎盂腎炎、尿路結石、腎周囲炎、水腎症、単純性腎嚢胞など
  • 婦人系疾患
    子宮内膜症、子宮筋腫、子宮がん、卵巣嚢腫、卵巣炎、月経痛、更年期障害など
  • 血管系疾患
    腹部大動脈瘤
  • 脊椎疾患
    脊椎カリエス、化膿性脊椎炎、脊椎腫瘍など
  • その他
    帯状疱疹による神経痛など

これら以外にも、腰痛を引き起こす原因となる病気はいくつもあります。病気の種類によって特徴的な症状が見られることが多いので、病院を受診することで、どこに原因が隠れているかを見極める材料を得ることができるでしょう。

しかし、中には腰痛を甘く見るあまり、誤った自己診断をして受診しないがために、本来の病気が悪化してしまうケースもあります。通常、非特異的腰痛は、腰痛症、坐骨神経痛などと診断されることがほとんどです。この2つの腰痛は、痛みの出方や症状で区別されます。しかし、実際には、内臓の病気やレントゲン上で発見できないような小さな損傷も多く、はっきりとした診断が下るほどではない障害などが隠れていることが考えられるのです。

腰が痛い、あるいは違和感を感じたら、まず病院で検査を受けるのがいいでしょう。自分で対策・改善できる場合もありますが、素人判断は病気の悪化を招きかねません。手遅れにならないよう、あらゆる可能性を踏まえて受診することをおすすめします。

単純な腰の痛みはセルフケアを

もちろん、こういった深刻な病気もなく単純に筋肉疲労などが原因で痛んでいるものもあります。休んでいると痛みが楽になったり、使わなければ比較的痛みが出ないという程度のものであれば、セルフケアで様子を見るのもいいでしょう。

最近の腰痛解消グッズはとても進歩していて、効果だけでなく邪魔にならない大きさや便利さを兼ねているものも少なくありません。

専門的な診断のもとに体の部位に問題がなければ、このようなセルフケアグッズを上手に使って、日常生活の中から腰痛を解消できるよう心がけてみるのも良いのではないでしょうか。