HOME » 専門的治療が必要な腰痛 » 変形性腰椎症や骨粗鬆症

変形性腰椎症や骨粗鬆症

高齢者の多くが悩まされている変形性腰椎症や骨粗鬆症についてまとめています。

骨粗鬆症や変形性腰椎症の原因・症状を解説

変形性腰椎症は、腰椎が加齢によって変形したり、関節や椎間板になんらかの障害が起こって痛みが出る病気です。

高齢の人で「腰が痛い」という場合、この変形性腰椎症の可能性があります。しかし高齢者の中には、年だからと治療せずに放置したり、我慢している人も少なくありません。

また骨粗鬆症は、近年その予防や啓もうが大変盛んに行われています。ただ、骨粗鬆症というと、骨密度が低いために骨折しやすくなるなどの情報は良く知られているものの、腰痛の原因になることはあまり知られていません。

骨粗鬆症による腰痛は慢性化しやすいので、見過ごさないように気を付けましょう。

原因

変形性腰椎症では、骨と骨を繋いでいるじん帯が老化し、機能が衰えてしまうことで起こります。特に40歳を過ぎたあたりから患者数は増え、年を追うごとに増加していくのです。

老化によってみずみずしさを失った椎間板は弾力がなくなり、脊椎を支える力が衰えてしまいます。すると椎骨は次第にトゲ状の骨を作り支える力を増強しようとしますが、このトゲ状の突起が逆に神経を刺激してしまうため、痛みが起こると言われているのです。

このトゲ状の突起によって痛みを感じるあまり、前かがみに歩くようになり、それがやがて固定化して腰の曲がった状態になってしまうこともわかっています。

一方骨粗鬆症は、骨の中のカルシウムが減ってしまい、骨がスカスカになった状態。この状態になると少し転んだだけで骨折することもあるのです。

脊椎がこんなにスカスカになってしまうと体を支えることはおろか、転倒などによって骨折する可能性があります。また場合によっては脊椎の一部の骨が潰れ、変形し背中が曲がってしまうこともあるのです。

症状

変形性腰椎症の症状は、腰が固く張り、こわばった感じがしたり鈍い痛みを感じます。寝返りや立ち上がるなど、最初の動作のときに痛みが強くなり、その後は少しずつ弱まっていくのが特徴です。

検査の際は、まずレントゲンで骨棘ができているかの確認をします。また、痛いからと同じ姿勢を続けていると、腰が曲がったまま固まってしまうことがありますから、痛みを感じたら早めに病院を受診した方がいいでしょう。

骨粗鬆症で最も怖いのは骨折です。背中の骨が圧迫骨折によって潰れてしまうと、非常に激しい痛みが2~3週間は続きます。適切な治療を早期に行えば治癒することが多いのですが、なかには放置して慢性化する人もいるようです。

骨粗鬆症は高齢者だけでなく若い世代にも増えていますので、食生活には十分気を付けるようにしましょう。