HOME » 専門的治療が必要な腰痛 » 腰痛を引き起こしてしまう側弯症を知って対策を取ろう!

腰痛を引き起こしてしまう側弯症を知って対策を取ろう!

側弯症とは?

腰にマッサージ

側弯症とは、脊椎がアルファベットのSのように左右に曲がってしまう病気で、脊椎の湾曲だけでなく、脊椎自体の回旋(ねじれ)も伴う疾患です。

コブ角と呼ばれる脊椎の湾曲角度が10度以上の場合に側弯症とされます。側弯症は、大きく機能性側弯と構築性側弯の2つに分けることができます。

機能性側弯

姿勢が悪いことや、坐骨神経痛、両足の長さの違いなどが原因で一時的に側弯状態になるものです。ねじれを伴うことはなく、脊椎を湾曲させている原因を取り除くことで側弯は解消されます。

構築性側弯

脊椎が側弯状態になっており、さらに脊椎がねじれてしまい、元に戻すことができない症状のものです。

突発性側弯症

原因はまだ解明されていませんが、側弯症の8割以上はこの突発性側弯症に当てはまります。乳幼児期に発症するもの、学童期に発症するもの、思春期に発症するものがあり、特に思春期の女子の発症率が高くなっています。

側弯症は、遺伝的な要素があるのではという見方があるものの、はっきりとした原因が未だ解明されていないため、予防の方法もわかっていません。

先天性側弯症

脊椎の形状に先天的に異常がある場合や、発育とともに脊椎の成長に左右差ができはじめ、湾曲が進行してしまう側弯症のことを指します。

神経原性側弯症

脳や脊髄などの神経の異常により脊椎付近の筋肉が麻痺し、脊椎を支える力が失われ脊椎が湾曲してしまう疾病です。

筋原性側弯症

筋ジストロフィー症などの筋肉の病気により、正しい姿勢をとることができないことにより脊椎が湾曲してしまう症状です。

間葉系疾患による側弯症

マルファン症候群、エーラス・ダンロス症候群などの先天性の病気に伴い脊椎が湾曲してしまう場合があります。

神経線維腫症I型

皮膚や神経などに異常を生じさせる遺伝子疾患である神経線維腫Ⅰ型により脊椎の湾曲みられる場合があります。

外傷性側弯症

外傷を負ったことにより発症する側弯症のことです。

位置的頭蓋変形症

乳児の時の頭の向き癖によって頭の形がゆがんでしまう位置的頭蓋変形症によって発症する側弯症があります。

腰椎変性側弯症

高齢者に多い疾患の一つです。加齢によって椎間板や椎間関節が変性し、椎体を支える力が弱まり、椎体が左右にずれたり、変形したりして脊椎が側弯してくるものです。これが原因となって背中の痛みやしびれ、腰痛を引き起こします。

症状

腰を伸ばすイラスト

側弯症では、脊椎が湾曲するため左右の肩の高さに違いが出てきます。腰の高さにも左右差が生じ、肩甲骨の出っ張り、胸郭の変形なども表れてきます。

前かがみになる前屈の姿勢をとると、肋骨の高さが違っていることがわかります。

突発性側弯症の場合

突発性側弯症は、骨の成長とともに進行していきますが、ほとんどの場合は軽い湾曲で終了します。軽度の側弯症は、特に障害を残すものではないため、そのまま経過観察を続けることとなります。

しかし、側弯が強く出る場合は、脊椎がS字に湾曲するだけでなく、同時にねじれも加わるため、徐々に肋骨も変形してしまいます。そのため、胸部が圧迫され、肺の機能や心臓の機能にも影響を与え、呼吸器障害や循環器障害などを招くことになります。

また、脊椎の湾曲は腰椎にも影響を与え、肋骨のように胸椎を支える骨がない腰椎はより強い影響を受け、腰痛の原因となります。

腰椎変性側弯症の場合

腰椎変性側弯症においては、初期の自覚症状は腰痛ですが、だんだん進行していくと骨が棘のようになる骨棘が形成されたり、脊椎がねじれる状態になったりして、神経を刺激し始めます。

これにより下肢がしびれや痛みを伴うようになり、日常生活にも大きな影響を及ぼすようになります。

側弯症の診断

側弯症は、早期に発見することが重症化を予防するために大切なことになります。そのため、乳児健診や学校での健康診断においては、脊柱検査が義務付けられています。

視診、触診によるものは立ったままの状態で肩や腰の位置の左右差を調べる立位検査、前屈した状態で肩や肋骨の左右の高さを調べる前屈検査などを行います。

モアレ式体型観察装置を用いて、背中に格子を通した光を当て、背中にうつる縞模様の左右差を調べ、脊椎の変形を検査するモアレ検査を用いる学校もあります。

正確な診断のためにはレントゲン撮影を行い、脊椎の湾曲の程度を調べます。神経系の異常や他の病気による側弯の場合もあるため、必要に応じて脊髄の造影検査、CT検査、MRI検査などを行うこともあります。

治療方法

側弯症の治療方法は、年齢や側弯の角度、骨の熟成度などによって決められ、専門医による経過観察、装具療法、手術療法があります。

腰椎変性側弯症の場合は、コルセットを装着し筋肉の代わりに腰椎を支え、痛みを抑える方法や、腰痛を抑える内服薬による治療、硬膜外ブロック注射、神経根ブロック注射などにより腰の痛みを和らげる保存療法が用いられる場合が多くなります。

経過観察

突発性側弯症の場合、高度な側弯に進行することは少なく、多くの場合は軽度の側弯のまま骨の成長が完了します。側弯の角度が20度から25度程度の軽い側弯症の場合は、特に日常生活や健康に問題をきたすような障害に発展する場合はありません。

ただし、高度な側弯につながるものかどうかは判断が難しいため、年に数回専門医による診察を受け、側弯の症状の進行具合を定期的に確認する必要があります。

装具療法

25度から50度程度までの側弯症の場合は、アンダーアームブレースなどの側弯の進行を防止する装具を装着します。

装具の装着により脊椎がまっすぐに戻ることはありません。しかし、装具を装着することで現状以上に脊椎の側弯が進行することを防ぎ、手術を回避できるようにする目的があります。

突発性側弯症の場合は、骨の成長とともに側弯の進行もストップすると考えられています。そのため、成長期が終了するまで装具を装着することで重度の側弯に進行することを防ぐことができます。

成長期がいつ終わるのかについては、専門家による慎重な観察が必要となるため、定期的に診察を受ける必要があります。

手術療法

50度以上の側弯の場合(腰椎の場合は40度以上)、手術療法が適応されることが多くなります。側弯した脊椎をまっすぐに矯正することで、側弯の進行を防止し、背中の痛みや腰痛の改善、心肺機能の悪化防止と改善効果を望むことができます。

変形している椎骨を含む上下に金属のネジやフック、ワイヤーなどを用いて矯正し、正しい角度に固定していく方法がとられます。

腰痛を引き起こす側弯症は、骨の成長期にあたる子供の頃に発症する突発性側弯症の発症率が最も高いものとなります。未だ原因はわかっていないため、予防法が確立されていません。そのため、乳幼児健診や学校での健診において脊柱の異常を早期に発見することが大切になります。

また、加齢とともに椎間板や椎間関節が変形してしまう腰椎変性側弯症は、つらい腰痛を引き起こす原因となっています。背筋や腹筋など腰椎を支える筋肉を鍛えることが予防の一つとも考えられています。

側弯症の手術は、脊椎の手術でも難しいとされています。極力手術を行わずに治療を行えるよう早期に発見することが大切だと言えます、