HOME » 専門的治療が必要な腰痛 » 脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

先天的にも後天的にも患う可能性のある脊柱管狭窄症についてまとめてみました。

脊柱管狭窄症の痛みの原因・症状を解説

概要

椎骨という脊椎を形成する骨は、真ん中に空洞があり、それらがつながることで1本の管となっています。

この管の中を脊髄という太い神経や血管が通っていて、そこから体のあちこちに枝を伸ばしているのですが、特に腰の辺りには下半身を司る「馬尾神経」という繊維状の神経や血管があります。

脊柱管狭窄症は、この骨髄が入っている管が何らかの理由で狭くなり、神経や血管が圧迫されて様々な症状が出る病気。狭くなる理由としては、加齢をはじめ、変形性脊椎症とよばれる椎間板や椎体という骨が変形する病気や変形すべり症、あるいは関節やじん帯が厚くなる(肥厚)などが挙げられます。

ただし、脊柱管が狭くなるのは老化のひとつとしても見られる状態ですので、症状がなければ特に問題はありません。

脊柱管狭窄症になりやすい人

  • 高齢の人
  • 生まれつき脊柱管が狭い
  • もともと腰痛の持病がある
  • 背筋を伸ばし腰に負担のかかる姿勢が多い人
  • ゴルフなど重心が後ろにかかるスポーツをする人

原因

脊柱管狭窄症で最も多いのが、加齢による変形です。脊髄が入った管の周りの骨がトゲ状になったり椎間板に出っ張りができる、あるいは関節が大きくなるなどして管の中の神経を圧迫したり刺激することが原因として挙げられます。

また、中には生まれつき脊柱管が細い人や変形してしまう病気、けがや手術の影響などによって起こることもあるようです。

症状

脊柱管狭窄症では、腰の痛みよりも「足に起こる痺れや痛み」が特徴とされ、必ずしも腰痛は起こらないことがわかっています。また、ほとんどの人に間欠跛行(かんけつはこう)という症状がみられるのも特徴です。

間欠跛行とは、「足の痺れや痛みで長い時間歩けず、腰を丸めて休めば軽快し、再び歩くと痛みや痺れが出る」状態を指します。このような痺れや痛みは、腰から下の広い部分に見られ、「足に力が入らない」「うまく歩けない」といった症状がみられることがあるそう。

それ以外にも、「腰を後ろに反らすと痛みや痺れが強くなり丸めると楽になる」という特徴も挙げられます。

さらには、「下半身の冷感」「股間の熱感」「天気による症状の変動」や、悪化すると「排尿障害」「勃起異常」や「体の麻痺」「歩行困難」「仰向けで寝られない」などがあらわれてくるのです。