HOME » 腰痛治療最前線【セルフ対策編】 » クッション・座布団・布団・椅子

クッション・座布団・布団・椅子

座っている時の腰痛に効果的なクッションや座布団について、調べています。参考にしてみてください。

腰痛対策用クッションなどの概要を解説

クッションイメージ腰痛の人にとって長時間座っているというのはかなり苦痛なものです。

そもそも座るという姿勢は腰にかなり負担をかけている状態です。つまりデスクワーク中心の人は、腰痛や肩こりなどと仕事をする限り付き合っていかなければいけないことになります。

そうなると、現在進行形の腰痛を感じている人にとって仕事は苦痛以外の何物でもありません。でも休むわけにはいかない…
では少しでも腰痛を軽減するために、どんな工夫をしたらいいのでしょう。

そこでつい腰を伸ばしたくなる、伸ばすと楽になる、という人におすすめの座るためのポイントを紹介しましょう。

  • 椅子の座面の硬さ
    椅子の座面が固すぎる場合、上半身の重みが分散されないためにどうしても一部に負担がかかることになります。
    座っているとお尻が痛くなる人などがその典型で、だんだん腰を丸めたような姿勢になりがちです。また、柔らかすぎても沈んで硬い部分に当たってしまうためだんだん痛くなります。 最も適しているのは、座っている面全体に圧力が分散するクッション材です。良いものが見つからなければクッションだけ別に購入してもいいですね。
  • 腰は適度に伸ばして
    腰を丸めると負担になりますが、腰を適度に伸ばしておくとじん帯が脊椎の骨を引っ張って固定してくれるため、背骨が安定した状態になります。ただし頑張りすぎは禁物です。筋肉が疲労しない程度に伸ばしてあげるのが長時間座るためのポイントです。
  • 背もたれは隙間なく
    背もたれに隙間があると腰が曲がるので、クッションを入れるなどして隙間を埋めて腰がきちんと伸びる姿勢にします。 
  • 太ももを圧迫しない
    座面の形状や奥行きによっては太ももを圧迫して痛くなったり足がむくみやすくなります。最も良いのは圧力が分散するよう設計された椅子ですが、無理ならタオルを強いたり座面に傾斜をつけて太ももへの負担を軽減します。
  • ひじ掛けのあるものを
    ひじ掛けは腕の重さを支えてくれるため、その分の腰への負担を軽くしてくれます。
  • 座ってみて楽なもの
    実際に座って楽なものが一番適した椅子です。
     

腰痛に効果的なアイテムは数多くあります。症状に合う物を選んでみてください。

【代表的な商品】

●MOGU バックサポーターエイト
価格:3,024円(税込み)
特徴:パウダービーズが体の形に合わせてフィットし、2つのリング形状が3段階のボリュームを作って体を支えます。カラーも豊富でシーンを選ばず使えます。

●ボディドクター ザ・シート
価格:
4,212円(税込み)
特徴:薄手なのに抜群の安定感。ラテックス製で体の重みを分散させ、毛細血管の圧迫による血行不良を防ぎます。

●腰楽座椅子
価格:36,000円(税込み)
特徴:腰への負担を最大限に抑えた座椅子。家具デザイナーと馬具職人、整体師がタッグを組んで開発した商品です。フィット性や疲れにくさ、バランスなど計算された立体形状です。