低周波治療器

腰痛を機器から治療する方法について紹介します。症状に合わせてご自身に合うものを見つけてみてください。

低周波治療器とはどんなものか

家庭用低周波治療器は比較的以前からありましたが、昔は非常に高価なものでした。

それが現在はとても安価で購入できることもあり、腰痛や肩こり対策として持っている人も結構多いようです。特にご年配の方が購入されているようですが、値段もピンからキリまであるようです。

そもそも低周波治療器とは、体に電気刺激の回数が低い1~999Hz程度の周波数の電流を流して刺激を与えることで症状の改善を目的とした治療器具です。それぞれの周波数で効果が違うとされています。

  • 1Hz:血行促進
  • 50Hz:痛みの緩和
  • 122~1200Hz:より痛みの緩和に効果が期待できる

製品によって使い方や最適な部位などが違いますので、それぞれの製品特徴を確認するといいでしょう。

低周波治療器の使用感

初めて使う人はその使用感に少し驚くかもしれません。低周波治療器は電気を流すためピリピリとした感覚がします。
調節ができますので初めは弱いところからスタートして徐々に出力を上げていきます。筋肉が電気刺激によって収縮するのがわかります。

慣れない人には違和感があるかもしれませんが、慣れてくると徐々に気持ちよく感じてきます。製品によっては、たたく、もむ、さする、おすといったいろいろな動きを選択できるものもあります。

またあまり長い時間使うと後から痛みや筋肉のだるさを感じることがあります。いわゆる揉み返しという状態です。ですから30分以上続けるのは避けましょう。中には15分程度で電源が切れる設定のものもあります。

低周波治療器の効果

低周波治療器の効果はどの程度あるのでしょう。

実際には大きな腰痛改善効果は期待できないというのが本当のところです。ただし筋肉の疲労やコリを取る効果はありますので、慢性の腰痛などはいくらか楽になるかもしれません。

なにより自宅でできること、そして治療院などで受けられる低周波をいつでも気楽にできるというメリットは大きいでしょう。

【代表的な商品】

●オムロン ホットエレパルスプロ
価格:オープン価格(16000円程度)
特徴:2つの温熱モードと13のコース、5つの低周波モードを搭載。症状別に周波数を選べるコースもあり、多彩なシーンに活用できます。

●おうちリフレ EW-NA65
価格:オープン価格(12000円~15000円程度)
特徴:密着するワイドパッドが広い範囲をほぐします。全身コースを搭載して腰痛にも対応。オシャレなデザインとカラーで女性にも人気の商品です。

●オムロン 電気治療器HV-F5200
価格:オープン価格(2万~2万5000円程度)
特徴:4つのパッドと専用波形を内蔵してさまざまな症状に効率よく効くコースを選べる高機能機種。多彩で自由度の高い機能で全身の症状に対応できる優れものです。