HOME » 腰痛治療最前線【セルフ対策編】 » お灸を使ったセルフ治療

お灸を使ったセルフ治療

お灸とは

お灸とは、3,000年以上前に中国で生まれ、遣隋使や遣唐使によって日本国内に伝承されました。国内では、昔から庶民が気軽に利用できる治療法として活用されてきたという歴史があります。お灸の原料は、「もぐさ」と呼ばれるもので、ヨモギの葉っぱの裏側にある白い綿毛を精製され、生み出されます。このもぐさに火をつけて、体の部位に置くことで、体を温めて、ツボを刺激する治療をお灸といいます。

お灸の種類

先にご紹介したように、お灸は一般的に火をつけて治療を行います。お灸の使い方によって、さまざまな名称がありますが、主な治療方法としては以下の通りです。

  • 点灸
  • 知熱灸
  • あぶり灸
  • 竹の輪灸
  • 棒灸
  • 灸頭鍼
  • 台座灸
  • 隔物灸

この中で、自宅でもできる手軽なお灸としては、台座灸が一般的です。シールつきの台座に火をつけるので、特別な技術が無くても気軽に使用することができます。複数の熱の強さが販売されているので、弱いものから徐々に試していくとよいでしょう。 また、近年では火を使わないお灸も販売されるようになっています。患部に貼るだけで温熱効果を長時間得ることが可能です。火を使わないことから、衣服の下に貼ることができ、そのまま外出できるというメリットがあります。

お灸の効果や使用感

お灸にはどのような効果があるのかについて、解説します。

血行改善

お灸をすることで、体に温熱刺激を与えることができます。皮膚の上から伝わった温熱は、筋肉や血管、そしてリンパ節などを刺激していきます。それによって、血管を収縮、拡張することによって、結構改善効果が期待されると報告されています。

参考:『冷え症に対する鍼灸治療の効果』関西鍼灸短期大学鍼灸学臨床教室による実験(PDF)

腰痛などの諸症状の改善

お灸によって滞っていた血行を改善することはもちろんのこと、「経穴」、いわゆる「ツボ」を刺激することができます。人間の身体には、非常に多くのツボがあり、そのツボを刺激することで、身体に対してさまざまな効果を与えることができるとされています。実際に、平均年齢79歳の老人病院患者に対して行った研究では、鍼灸治療を行った患者は、行わなかった患者に比べると、腰痛や下肢痛の治療効果があったとされる研究結果が報告されています。

参考:『腰痛・下肢痛に対する鍼治療の効果老人病院の鍼灸・理学療法室の患者を対象として』福岡市内の老人病院での効果測定実験(PDF)

お灸の使用感

自宅で行うお灸の場合は、鍼灸院のものよりも手軽なものです。そのため、火傷するような熱さによるものではなく、ジワっとツボを刺激させるお灸が多いです。特に台座灸や火を使わないタイプのお灸は、毎日使用することもできます。

セルフお灸の方法

ここでは、一般的な台座灸のお灸方法についてご紹介します。 自宅でお灸をする場合は、まず刺激したいツボを探すようにしましょう。刺激したいツボを探して、その場所に簡単に印をつけておくと間違わずにお灸をすることができます。 台座灸の裏側の薄紙をはがして、もぐさの部分に火をつけてください。そして、火がついたのを確認したら、最初に印をつけたツボの部分にお灸を張ります。 火はすぐに消えてしまうかもしれませんが、台座部分は熱を有していますので、冷めるまではそのまま付けた状態にしておきましょう。完全に台座の熱が冷めたら、お灸をはがします。もし、温かさが感じられない場合は、もう一度同じ部分をお灸してもかまいません。台座灸を置いていた部分の皮膚が軽く赤くなっていたらOKです。 基本的には、あまり熱くないものから試していくようにしましょう。しかし、お灸をしてみて、火傷をしそうなくらい熱いと感じた場合は、すぐにはがすようにしてください。